忍者ブログ

まいあそび*うたいあそび

シテ方金春流半人前能楽師のブログ

円満井会定例能『邯鄲』のご案内


来年1月に、「円満井会定例能」にて能『邯鄲』のシテを勤めさせて頂きます。
能をはじめて御覧になる方でも楽しめる曲と思いますので、是非ご高覧頂けますと幸いです!
『邯鄲』の他に能『巴』森瑞枝・能『玉葛』本田芳樹・狂言『附子』山本泰太郎(大蔵流)・仕舞が6番ございます。

【円満井(えんまい)会定例能】
日時:1月26日(土)
   開演12時半(開場11時半)
   ※能『邯鄲』は15時15分頃より

於 :矢来能楽堂 
  (東京都新宿区矢来町60)
   東京メトロ東西線「神楽坂」駅2番出口(矢来口)より徒歩5分
   都営地下鉄大江戸線「牛込神楽坂」駅A1出口より徒歩8分

チケット:全席自由席 一般5千円 25歳以下2千円

お申込:hashimoto_noh@mail.goo.ne.jp
     090‐6213‐0071(柏崎)
    
【邯鄲-あらすじ】
 中国蜀の国に住む青年盧生(シテ)は、ただ漠然と暮らす日々に悩んでいた。
ある時、楚国羊飛山に聖僧がいると聞き、自らの生きるべき道を尋ねようと旅に出る。
羊飛山への道すがら、盧生は邯鄲の里で宿を取る事に決めた。宿屋の女主人(アイ)は、盧生に羊飛山へ向かう訳を聞くと、不思議な枕の話を切り出した。その枕は、女主人が以前宿を利用した仙術使いから貰ったもので、一眠りの間に行く末を悟ることが出来るという。粟飯が炊きあがるまでと、女主人に勧められるまま、盧生は床に就いた。
 突然、勅使と名乗る男(ワキ)に起こされた盧生は、帝位を譲ると告げられる。
不審に思いつつも、玉の輿に乗せられ王宮へと導かれた。喜見城も斯くやとばかり光輝く豪奢な王宮。玉座についた盧生の前には大臣たち(ワキツレ)が座を連ね、幾千幾万と捧げられた宝物は山の如くに積み上がる。夥しい数の諸侯の旗が風に棚引き天を彩る。皇帝盧生を礼拝する声は止まず、地に鳴り響く程であった。
 月日は流れ、在位は五十年を過ぎた。ある日、廷臣から一千年の齢を保つという仙人の盃と酒を捧げられ、この酒で祝宴を催すことにした。長寿の盃が廻り、舞童(子方)が華を添え、盧生自らも舞い遊ぶ。まさに栄華の頂点を極めた盧生。
この歓楽の時間が永遠に続くかと思われたその時、昼と夜、春夏秋冬が同時に存在し、四季折々の草花が一気に咲き乱れる。
世界はグルグルと回転しながら吸い込まれるように消えていった。
 宿屋の女主人の声に目を覚ますと、そこはもとの宿屋であった。粟飯が炊きあがったという。
今までの出来事は、全て夢であった。盧生は、この世の栄華や歓楽は、一瞬の夢のように儚いものだと悟り、「この枕こそ我が師」と満足して帰路に就くのだった。
 
邯鄲の枕は、心の底に眠っている欲望を写し出す鏡のような存在なのかもしれません。
この後、盧生はどのような人生を歩むのでしょうか。


拍手[0回]

PR

第17回青翔会






第17回青翔会にて能『花月』を舞わせて頂きます。
宜しければ、ご高覧頂けますと幸いです。
公演に先駆けて、インタビュー記事を掲載して頂いております。

日時:10月16日(火)13時開演  
於 :国立能楽堂(東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1)

ー番組ー
舞囃子『田村』 田崎甫(宝生流)
舞囃子 『胡蝶』 関根祥丸(観世流)
舞囃子 『野守』 友枝雄太郎(喜多流)
狂言 『蝸牛』 河野佑紀(和泉流)
能  『花月』 柏崎真由子
       
【料金】
正面1500円 脇正面1000円(学生700円)
中正面700円(学生500円)

【お申込み】
国立劇場チケットセンター(10時から18時)
0570-07-9900
03-3230-3000(一部IP電話等)
国立能楽堂HP


拍手[0回]

み絲之會ー第参回公演ーのご案内






「み絲之會」もお陰様で3年目を迎えました。
今回は、金春流の現行曲にはない『三山(みつやま)』の独吟を本田光洋先生にお願い致しました。直ぐにご承諾頂き、大変有難く私たちも楽しみにしております。
「み絲之會」の定番となりつつある復曲独吟シリーズですが、このシリーズが出来るのは金春安明先生がいらしてこそ。
先生方、先輩方、仲間様々な方々にご支援とご協力を頂き、これより先も「み絲之會」が続いていけます様。
皆様のご来場をお待ちしております。


み絲之會-第参回公演- 

平成30年9月21日(金)17時45分開場18時30分開演
於 セルリアンタワー能楽堂(各線渋谷駅徒歩5分)

---番組---

仕舞『岩船(いわふね)』林美佐
連吟『八島(やしま)』金春憲和 山井綱雄
仕舞『井筒(いづつ)』富山禮子
舞囃子『善知鳥(うとう)』柏崎真由子

―休憩15分―

復曲独吟『三山(みつやま)』本田光洋

能『海人(あま)』
シテ 村岡聖美 子方 山井惠登 ワキ 舘田善博 アイ 善竹大二郎 
笛 杉信太朗 小鼓 大村華由 大鼓 安福光雄 太鼓 吉谷潔

―終演予定21時15分頃―

★出演者・曲目は都合により変更となる場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

【入場料】SS席6,000円 S席5,500円 A席5,000円 B席4,500円 学生3,000円
※学生券ご購入のお客様は、当日学生証の提示をお願い致します。
※放送大学は対象外となります。

お申込みはこちらからどうぞ



拍手[0回]

円満井会定例能『葵上』

来る4月14日(土)円満井会定例能にて能『葵上』を舞わせて頂きます。源氏物語に取材した能で、演目名は『葵上』ですが主人公は六条御息所です。光源氏への拭い切れぬ恋慕の情。正妻葵上に対する激しい憎しみ。御息所の様々な感情が折り重なり、凝縮し、やがて爆発します。謡の難しい能ですが、稽古をしていて非常に面白いです。シテ、地謡共に女性で舞台に臨みます。今回は、『み絲之會』メンバーである村岡聖美さんに地頭をお願いしました。ご都合が宜しければ是非ご高覧頂けますと幸いです。

【葵上・あらすじ】
光源氏の正妻・葵上(出し小袖にて表現)は、物怪に執り付かれ病の床に臥していた。 様々な方法を試みるものの回復の兆しは一向に見えない。朱雀院の臣下(ワキツレ)は「梓弓」の音によって霊を呼び寄せる技を持つ照日の巫女(ツレ)を招き、物怪の正体を暴こうとする。その梓弓の音に引かれ現れたのは、源氏の愛人・六条の御息所の生霊であった。御息所は、かつての「車争い」で葵上の共人によって壊された破れ車に乗り、その仕打ちへの激しい憤りと、源氏の愛を失った悲しみと憎しみ、鬱屈したやり場のない思いを語る。やがて激しい感情の高まりに任せ、葵上を打ちすえ魂を連れ去ろうとする。 その様子に慄いた家臣達は、急ぎ絶大な法力を誇る横川の小聖(ワキ)を呼び寄せる。小聖が祈祷を始めると、鬼へと化した御息所が再び姿を現し、襲いかかる。戦いの末、ついに法力に祈り伏せられ、心を和らげ成仏するのだった。 

                           
【円満井(えんまい)会定例能】    
開演:12時半(11時半開場) 
於 :矢来能楽堂
東京メトロ東西線「神楽坂」駅 2番出口(矢来口)より徒歩2分
都営地下鉄大江戸線「牛込神楽坂」駅A1出口より徒歩5分

能『西王母(せいおうぼ)』シテ金春憲和 子方金春初音
能『弱法師(よろぼうし)』シテ本田布由樹 
能『葵上(あおいのうえ)』シテ柏崎真由子 ツレ中野由佳子
 他 狂言1番 仕舞6番
●全席自由席 一般5,000円 学生2,000円

※能『葵上』は4時頃開始



【お申込み】
メール或いは電話にて柏崎までお申込みくださいます様お願致します。
hashimoto_noh@mail.goo.ne.jp
090-6213-0071

拍手[0回]

第十五回青翔会


3月13日(火)第十五回青翔会にて舞囃子『桜川』を舞わせて頂きました。
ご来場頂きました皆様どうもありがとうございました。



拍手[0回]

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
柏崎真由子
性別:
女性
職業:
シテ方金春流 能楽師
自己紹介:
北海道 函館出身 相模原市在住

【連絡先】
hashimoto_noh@mail.goo.ne.jp


バーコード

ブログ内検索

カウンター